歯を白くきれいにして素敵な笑顔に!

なぜ歯が汚れてしまうのか?

保険適用で出来るクリーニング

歯の表面や歯と歯の間、歯と歯ぐきの間に溜まった汚れを専用の機械や器具を使い取り除く治療法がクリーニングです。
虫歯や歯周病などの歯の病気を予防し、表面についたステインやタバコのヤニを除去でき再び汚れることを防ぎます。
保険適用でのクリーニングでは、歯周病治療を基本としています。汚れの除去、再び汚れることの防止と指導が主な治療方法です。
保険適用のクリーニングは2,000円から3,000円前後になります。

コーヒー、赤ワイン、茶渋のステイン汚れやタバコのヤニなど自分では落とせない汚れをきれいに落とし白くしていきます。

歯と歯ぐきの状態をチェックし、先端がかぎ状になったハンドスケーラーや水を出しながら超音波の振動で歯石をとる超音波スケーラーといった専門器具を使って汚れを落としていきます。

保険適用外でのクリーニング

保険適用外でのクリーニングは、歯科医院によって異なりますが約5,000円から30,000円ほどです。
以下の種類があります。

エアフロークリーニング(ジェットクリーニング)
歯を専用の薬品(炭酸水素ナトリウムやアミノ酸の一種であるグリシン)を使い強力なジェット水流で流し、歯の表面についた汚れを落とします。
汚れを落とした後、歯の表面にトリートメント剤を塗り磨き上げ再び汚れることを防ぎます。

PMTC(プロフェッショナル・テクニカル・ティース・クリーニング)
PMTCとは、プロフェッショナル・テクニカル・ティース・クリーニングの略で歯科医師や衛生士(Professional)が行う器具・機械(Mechanical)を使った歯(Tooth)のクリーニング(Cleaning)という意味です。
自分では磨ききれない汚れを落とすと同時に、歯の表面をツルツルにして汚れをつきにくくするものです。


この記事をシェアする